【缶詰】開封後の保存の仕方は?

  
 
 
缶を開けると、外から微生物などが入るために、中身の食品によっては、腐りやすくなります。よって、できるだけ早めに使い切ることが望まれます。
 しかし、使い残した場合は、果物缶のような内面を塗装していないブリキ缶に詰めたものは、開けてから缶のまま置くと、空気に触れてスズが解けやすくなるので、必ずガラスや陶器、またはプラスチック等の容器に移し替えて、冷蔵庫に入れるようにしましょう。魚介類や野菜缶なども、できるだけ別の容器に移した方がよいですが、塗装した缶の場合は、そのまま冷蔵庫に入れておいても差し支えありません。しかし、冷蔵庫に入れても保存は2~3日程度です。