工場内の確認

平成22年3月18日、八戸保健所が弊社工場を訪問され、製造ラインを確認頂きました。
今回は、新たに2項目助言を頂きました。

(1)解凍機の状態の確認     解凍直後の“サバ”の温度の測定
  

                                               この中で“凍っているサバ”、約1トンが短い時間で解凍されます。

(2)“解凍したサバ”の頭と尾びれを切り落とし、胴を筒切りにする機械
 

従業員が鮮度を確認し、適さないサバを取り除きます。
 

 
※鮮度基準表:この基準で鮮度を判定します。

(3)缶に詰めるサバを運ぶ機械       カットした“サバ”を缶に詰める機械
  

                                             サバの温度を確認

(4)缶に詰められた“サバ”の重量を調整
   

(5)缶詰を殺菌する機械
温度記録を確認
 

(6)検査室の様子
検査は、ヒスタミン検査、官能検査、細菌検査 等があります。
  

(7)保健所の方に毎日の製造記録を説明している様子